2年ぶりに自己ベストを狙いに行くレースとなる 
もしかしたら最後のチャンスかもしれない 
目標は自己ベストの2:38:40切り 
できれば2:37台、それもひげじいさんの2:37:40を切りたい 
そこで予定ペースはキロ342 
5
キロ1830で進みどこまで粘れるか 
というのがレース前のプラン 
寒い予報だったがそれほどでもなく風も弱く好条件 
スタートロスはわずか 
キロ342を少しづつオーバーするペースで進む 
ガーミンも実際より短い距離で1㎞を刻むので、キロ342で行っても少しづつ借金ができる 
ハーフは1:18:42 
単純に2倍で2:37:24
この時点で余裕はあまりなく、自己ベストは微妙、237台は苦しいかというタイム

このあたりで単独走となったが、少し上げていい集団につけたのが良かった 
この集団でどんどん前の集団を抜いて行き、ペースを落とさず35㎞ 
ここから集団もばらけ237台がほんとに微妙な状況が最後まで続いた
苦しい7㎞だったが最後まで絞り切った 
特に最後の100mは全力疾走でわずか1秒を削り出した 

結果
2:27:59
149
/男子完走2854

5
18
48  
18
38
18
27
18
44 

18
34
18
38
18
50
18
56
8
24

平均ピッチ192 ストライド140
最後まで13:50519分をオーバーしなかったのは自分で自分をほめたい


現時点での力は最大限に発揮できたと思う
今シーズンまだ和倉とボストンが残っているが、この燃え尽き方だと大きな期待はできないか
むしろ見据えるのは来シーズン
これ以上の記録を狙うには走力自体をアップするしかない
今シーズンのトライアスロンからのマラソンシーズンも結果は出たが、3月から8月の半年間の平均走行距離が110㎞台
いかんせん走行距離が足りなかった感は否めない
今夏はサロマ湖を中心にこれまでより走り込み、来シーズンでの自己ベスト更新を狙いたい

 

というわけで今は虚脱状態です