継続は力なり!東海地域初のトライアスロンスクールのレッスンであなたの夢をかなえましょう。

代表プロフィール

  • HOME »
  • 代表プロフィール

 

 

kiyokoface bike kiyoko   kiyokoamakusa

 

元プロトライアスリートであり、教員経験もある高橋希代子が指導するレッスンは、その常識にとらわれない指導方法と、スポーツの原点である楽しさが味わえると評価をうけている。

自身が、特筆すべき競技成績がない、いわゆる元気だけが取り柄の「普通の子」だったことから、スポーツが好き・健康な心身を持っていれば、工夫次第で記録は伸びる。

そう確信し、指導にあたっている。

常にトレーニングを工夫すること、自主的にトレーニングに取り組むことを、自らの経験を基に受講者へ伝えている。

♪メッセージ♪

毎日頑張らなくてもいい うまくできない日もあるんだよ

誰にも「初心者の時」があった「継続は力なり」を信じてほしい

世の中には自分の好きなことを出来ない境遇のがたくさんいます
スポーツを楽しめる健康な身体と環境に感謝
そして応援してくれる人にも感謝の気持ちを忘れずにね!

♪好きな言葉♪

「継続は力なり」 「医食同源」 「初心忘るべからず」「百聞は一見に如かず」

♪信じていること♪

デカイことを云う人より、まず行動している人の方を信じます。

氏名 高橋希代子(Kiyoko Takahashi)
出身 1967年生まれ 京都府出身
専門 トライアスロン(オリンピックディスタンス)
陸上競技(中長距離)
自転車競技(ロードレース)
主な経歴
主な戦歴
1987年
知人に誘われ、トライアスロンデビュー。

1989~1993年
高校教員として勤務の傍ら競技を継続。

1989年第1回世界選手権日本代表選手に選出される(以降1995年まで7回代表)。

1992年
アジア選手権大会初代チャンピオンとなる(以降3回アジアの頂点に立つ)。

1993年
教員を退職し、プロとなる。

1992年 WC北京 7位
1993年 WCスペイン9位
1993年 WCマウイ 5位
1994年 WC天草  10位 など

まだ日本の誰もワールドカップに興味を持っていなかった時期に、いち早く単独で海外レースを転戦し、日本人女子として初めてワールドランキング50th入りを果たすなど、世界に目を向けた選手として活躍。

傍ら、JTU広報委員・TV解説・選手会の設立に携わ、トライアスロン業界の先駆者として業界を支えた。

1995年に膝の手術を行い、懸命にリハビリ復帰を目指すが、

回復が思わしくなく、得意のランニングができなくなった。

1997年に引退。

1年間の休養を経て、JTU公認指導者資格を取得。
2000年にトライアスロンステーションを設立し、指導者の道を歩み始め、現在に至る。
2005年1児の母となり、事業主・指導・育児・主婦・・・多忙な毎日を送っている。

所属 社団法人日本トライアスロン連合(JTU)
公認指導者

Triathlon Team         TRISTELLA

Cycling  Team           KINANN   AACA

趣味 料理   園芸  フラメンコ舞踊
スキー  読書   ピラティス
使用マテリアル   スイムゴーグル view*バイク ORBEA  orca
(北京olympic限定カラー)
*サドル san marco zoncolan
コンポ Shimano DURA-ACE
*ペダル Time  i-click  carbon
*シューズ GAERNE  THN    and    GAERNE AKTION
*ウエアー DE MARCHI
*サングラス RUDY PROJECT-karbonEye-noyz racing
*ヘルメット RUDY PROJECT-windmax
DH bar   profile cobra carbon
*ボディーケア SPORTS BALM
ランニングシューズ asics*㈱Podium提供
自己分析 嫌なことはすぐ忘れる、前向き思考典型的なA型?ではなく、時々几帳面なA型

地味にコツコツ派

家族 夫・子供・義父母

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.