継続は力なり!東海地域初のトライアスロンスクールのレッスンであなたの夢をかなえましょう。

フォレスタトライアスロン大会コース案内

  • HOME »
  • フォレスタトライアスロン大会コース案内

 

トライアスロンフェスティバルinフォレスタヒルズ大会は、こんなコース!

 

■受付(ウオーターパーク入口)6:30~8:00

スタッフはオレンジのTシャツを着用しています。

スタートリストのNoと選手名(チーム名)をお申し出ください。

受付にバイク持ってくる必要はありません。

受付が終わりましたら、引き続きボディーマーキングを行ってください。スタッフがお手伝いをします。

メイン会場には、インフォメーション掲示板があります。スケジュールや速報などを随時掲示していきます。

会場内施設の場所でわからないことは、ピンクの札を下げた「案内人」に、お尋ねください。

受付看板受付風景infomationDSC_2873

 

■トランジットエリア(P5)  open :6:30~8:45  close: 8:45~13:00

バイク・ラン用品を、8:45までに準備しておく場所です。

選手以外は入れませんので、ボディNOをスタッフに見せて出入りします。

ジュニア部門の選手のみ、保護者の付き添いができます。

トランジットラックが高い場合は、Sカンや紐で輪を作り、サドルを吊り下げても構いません。

困ったときは、できるだけトランジットエリアのスタッフがお手伝いします。

transitionarea1 trnsitionarea3 trnsitionarea4    trnsitionarea5

 

■スイムコース(ウオーターパーク)

スタート招集・計測用アンクルバンドの受け渡しもこちらで行います。

1周200m     水深90cm 平均水温23~25℃ ウオーターパークGrandOpen前につき、水質抜群です。

「止まる」はOKですが、「歩いて進む」は失格です。

s_start s_start1 DSC_2861s_start2s_start3

■スイムフィニッシュ~トランジットエリア

約300m移動します。

s_finish1s_finish2s_finishi3

■第1トランジット

左から順番に,自分のNOが見える側にバイクおよびラン用品を、スイムスタート前にセットしておきます。

最初にウエア・シューズ・NO。バイクを持つ前にヘルメットストラップをしっかり締めます。

ヘルメットストラップを締めないと、バイクスタートできないルールです。

 

トラジット1トラジット3  トラジット5 トラジット4トラジット6トラジット7

■バイクスタート

トランジットエリアではバイクに乗車できません。トランジットエリアを出て、乗車ラインを越えてからバイクに乗るルールです。

bike1bike2

■バイクコース

完全舗装道路で、競技中は交通規制をかけております。

左側通行・対面走行ですので、センターラインを越えないように走行してください。

Uターン2か所・直角コーナー3か所・アップダウンが続く走り応えのあるコースです。

競技に適正なエアの調整、ブレーキおよび変速機の調整は、万全に行ってください。

bike4bike5

■バイクフィニッシュ~第2トランジット

降車ライン手前で降り、バイクを押してトランジットエリアに入ります。

再び自分のNOのラックにバイクをかけてから、ヘルメットのストラップを外します。

bike7bike6bike8トラジット8トラジット4

■ランスタート

ランシューズに履き替えて、いよいよ最後の種目

run_start1run_start2

■エイドステーション

ランコースに1か所設置。スポーツドリンクと水を用意しています。

aid_station

■フィニッシュ!

1372565608__222677_2128_191591_tnfinishi

 

 

 

お気軽にお問い合わせください! TEL 0564-83-9442 受付時間 10:00-17:00[SORRY!レッスン中は、お電話に出られない場合があります]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.